ITアウトソーシングのメリット・デメリット

ITアウトソーシングとは、ITに関する企業の業務を外部委託することを意味します。近年、クラウドの有効活用だけではなく、インターネット全体に関する新サービスや技術を積極的に業務のなかへ取り組むことが、生産性の向上に繋がることは間違いないと考える企業が増えています。その一方で慢性的な人材不足、セキュリティの問題、コンプライアンスなどのIT機器やソフトの安定性において課題を抱えるケースも非常に大きくなっています。そこで、自社のIT業務を専門業者にアウトソーシングすることで、IT分野にかかる運用コストを削減し、自社のコア業務に人材を割り当てることで生産性の効率アップを目指す企業が増えています。ここでは、企業がITアウトソーシングの詳細な内容や導入するメリットについて説明致します。

ITアウトソーシングの様々な形態

一口にITアウトソーシングと言っても様々な形態がありますので、主なものをいくつか説明致します。フルアウトソーシングは作業の一部をアウトソーシングするのではなく、業務機能のほとんどを外部に任せることです。IT業務では企画から運用、業務状態のチェックなど全てを一貫してアウトソーシングする場合もあれば、自社で基本となるシステムの企画だけを行い、その後の設計や開発、運用などを全てアウトソーシングすることもあります。アウトソーシングする企業にとっては作業を全て任せられるので、その分、自社の人材を重要な仕事に振り分けられるので大きなメリットです。もう1つは運用アウトソーシングです。サーバーやシステムのインフラ部分の運用をアウトソーシングする形態です。システムの運用のみをアウトソーシングすることで、システムの技術面の問題から解放されるメリットがあります。

自社の業務をITアウトソーシングするメリット

ITアウトソーシングを業務に組み込むことで得られるメリットは様々です。システムの運用や管理に掛かる費用を削減することが出来、トラブルの対応を専門業者にアウトソーシングすることで、担当者の負担を軽減することが出来、企業全体のITコストの削減に繋がります。技術知識の高い専門業者にアウトソーシングするので、ITシステムのガバナンスが強化でき、傷害などのリスクを大きく減らすことが出来ます。ITアウトソーシングの導入によって、社員が自社のコア事業に専念できる様になるので、時間的な余裕も増えて企業全体の生産性が上がります。企業の組織の体制変更に伴い、適宜アウトソーシングする先を変えることが出来るので、組織変更に柔軟に対応できるようになります。組織変更に伴う、人材の雇用や教育する手間や費用も削減できます。