不動産投資に手を付ける前に知っておくべきこと
2017.05.23

タイピング「不動産投資」というのは、マンションのオーナーとなってその家賃を得たり、価値が上昇したマンションを売却することなどによって利益を売る投資の種類のことをいいます。

最近ではこの不動産投資を、株式よりも低リスクで始められるということから普通のサラリーマンなんかでも
行っている人が増えているんだそうです。

ということで、東京などの都市部では不動産投資セミナーなどが開かれて、初心者が不動産投資のノウハウを学ぶために通っています。

ではここで、そんな不動産投資の初心者の皆様に向けて、不動産投資に手を付ける前に知っておくべきこと
をご紹介しましょう。

まず、不動産投資のやり方は、各人によってたくさんあるということを知っておきましょう。
たとえば地方の中古物件を購入したり、新規ワンルームを購入したり、
その人の考え方によってどんな物件を対象にするかが違ってきて、正解がない
のです。

では、不動産投資のメリットとデメリットとはどういったものがあるのでしょうか。

不動産投資のメリットとはまず、「安定収入」ということがあります。
これはマンションに住む住人の家賃で、通常は年単位なので長期的に安定した収入が期待できます。

また、「節税対策」というのも不動産投資の大きなメリットとされています。
不動産投資の収入から必要経費が引かれて、所得税などの節税効果が見込めます。

不動産投資のデメリットは、まずマンションの「空室に対するリスク」というものがあります。
いくらマンションの家賃で安定収入が得られるといったも、それはそのマンションに住む人がいてこそですよね。

それから、「金利のリスク」というものがあります。金利が上がることで
返済金も上がる可能性があります。

マンションなどの不動産の価値は、常に変化しています。
購入したマンションの価値が将来的に下がるリスクも考慮しないといけません。

それから、不動産は相対取引となるために、すぐに売ることができる
という保証はないといったデメリットがあります。

不動産投資を開始するまえに、こういったメリットとデメリットを知っておくと、
いいでしょう。

ここで気になるのがやはりデメリットですよね。
長期的な安定収入のためには、このデメリットに対しての対策が必要となるでしょう。

そのためには、不動産の「情報」が最も重要な項目となるでしょう。
不動産の情報というのは、毎日めまぐるしいスピードで変化し続けています。
これを常にチェックしていることが重要になるでしょう。

ようするに不動産投資は「マメな人」が向いているということです。
このような不動産の情報をないがしろにする人は、向いていないので
リスクのために止めたほうがいいでしょう。

やはり、当然ながら楽してお金は稼げないということでしょう。

▲ ページトップへ