海外の不動産投資事情
2017.05.23

パソコン不動産投資は、マンションのような不動産を購入して、その住居者の家賃などによって
安定した継続収入を得ることを目指す投資です。

日本ではこの不動産投資が注目となっていて、サラリーマンなどでも不動産投資をしている人も
いたりします。

では、この不動産投資、海外ではどうなっているんでしょうか?
もちろん、日本と海外では不動産事情もかなり違ってくるでしょう。

日本と海外の不動産の一番の大きな違いといえば、
ほとんどの日本の不動産投資では家賃収入の「インカムゲイン投資」であることに対して、
海外不動産では購入価格より価格が値上がることを狙うための「キャピタルゲイン投資」ということ
になるでしょう。

日本のマンションの家賃は短期間でほとんどかわりません。ということは、
高い確率で収入が予測できるということになります。

ところが、海外の不動産投資ではキャピタルゲインなので、数年後の値上がりを予測して
購入することが基本で、これはやはり不確実な要素・ギャンブル性が高い
ものになります。

そもそも、値上がりの予測はまったくできないとも言われています。

また、ほとんどの海外不動産投資は「融資が使えない」ということがあります。
多くの海外不動産は現金の一括決済で工事するプレビルド形式で、資金を寝かす時間が長いので
安定した投資とはいえないのです。逆に言えば、融資が使えることが日本不動産投資のメリットです。

しかし実は最近、日本の人口減少、地震などのリスクから回避するため、
金融資産投資のほかにも海外不動産へ投資する人たちが増えているんだそうです。

しかし当然ながら、ここにもメリットとデメリット、利点や難点があります。

世界ではその国により、日本人を含めた外国人が土地を購入することが禁止されていたり
することもあるのです。法律なども改定されたりするので、不動産投資では日本以上に複雑になることが
デメリットといえるでしょう。当然、その国の言語もマスターしていないと厳しいでしょう。

また、たとえば物価が上昇している新興国はキャピタルゲインを狙った長いスパンでの保有をするなどの
国・都市によって投資の方法が違ってきます。

海外の不動産投資には、多くの目的があります。たとえば上記のような新興国のキャピタルゲインや、
購入した不動産を賃貸に出す収入であるインカムゲイン、自分での利用とホテル運用を兼用するリゾート物件、資産のリスク分散などが
あります。

ただし、上記のように海外の不動産投資は日本よりもさらに複雑な
要素があるので、「相当詳しい人であっても」かなりのリスクがあるということを覚えておきましょう。
ということで、日本人が海外の不動産に投資するのは基本的にはおすすめできないでしょう。

▲ ページトップへ