参加しておきたい不動産セミナーBEST5

第1位 アクロスコーポレーション

  • 投資の不安を払拭したいならこちらのセミナーです

  • 節税と老後について考え出したら不動産投資セミナーへ

  • 都市部で不動産投資を考えているなら参考になります

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

アクロスコーポレーションに対するみんなの口コミ

サラリーマンですが投資を始めようと思い、こちらの不動産投資セミナーに参加してみました。一口に不動産投資といっても、都市部...
どんどん過疎化が進んでいる中、都市部での不動産投資を検討し、こちらのセミナーを受け相談してみました。私にとっては他とは違...
投資自体したことがなかったのですが、知り合いの紹介でアクロスコーポレーションを教えていただき、まずはセミナーに参加してみ...

不動産投資の総合的な提案をしています

アクロスコーポレーションは、不動産投資の立案から代行まで総合的に行っている会社です。無料の不動産投資セミナーも、開催しています。

第2位 東京リバックス

  • 今人気が高まっている中古マンションに特化したセミナー

  • 個別相談も受け付けているので忙しい方も安心

  • 利用者同士の楽しいコミュニティ活動もサポート

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

東京リバックスに対するみんなの口コミ

安全に資産運用をしたいと色々な方法を模索する中で、中古マンション投資に興味を持ちました。半年もしないうちに1万人近い方が...
30代の友人の中で中古マンション投資が話題になっており、私も始めてみたいとセミナーに参加しました。投資も不動産も知識ゼロ...
東京リバックスは中古マンションに特化しているから、その運用のノウハウは圧倒的です。世相や流行を反映して今後の注目物件を紹...

中古マンションの投資なら専門家へ相談

中古マンション投資の事ならリスクもテクニックも全て知り尽くした東京リバックスへ相談しましょう。セミナーでは参加者へ厳選した物件情報や効率的な運用方法を提供しています。

第3位 和不動産

  • 初めての資産運用でもゲーム形式で気軽に体験

  • 購入だけでなく管理やアフターフォローも充実

  • リピート参加率50%以上!独自のメソッドを無料セミナーで公開

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

和不動産に対するみんなの口コミ

何社かセミナーを巡ってみましたが、一番熱意を持って教えてくれたのがここだと思います。講師は不動産投資のプロとしての立場か...
投資の事は全然分からなくて、最初はセミナー参加も不安でした。ですが和不動産のセミナーは私みたいな初心者でも分かりやすいよ...
既に東京のマンションで不動産投資をしていますが、今後の業界の動きなどを知りたいと思い参加しました。自己流で得た知識とは違...

No.1のアフターフォローを約束します

購入後も3カ月に1度はスタッフが訪問するなど多方面からの手厚いサービスが好評の投資企業です。そのセミナーは非常に密度の濃いものになっており、新聞やメディアでも多数取り上げられています。

第4位 リアネスト

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

20代から投資を考えるあなたのパートナー

資産運用を考え始めた若い投資家に選ばれています。基礎からの投資を学ぶ方へ、丁寧な解説で失敗のない不動産投資をレクチャーしています。

第5位 インヴァランス

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

ワンストップサービスで顧客をサポート

インヴァランスは、マンションの開発からセミナーでの知識の向上、アフターフォローに至るまでをワンストップサービスで提供しています。全て任せて安心と多くの方に選ばれてきました。

不動産経営ってどんなことをするの?

ビル不動産投資セミナーと一言で聞いてもいまいちどんな事をするのか全く分からない人も多いと思います。
不動産投資セミナーはその名の通り、不動産に投資をして不動産の経営をしたり、あるいは投資後の価値の上昇を狙って売却を考えたりすることで利益を上げる事が目的の投資と言えます。
しかし不動産経営?と言われてもよく解らないという方も多いと思いますが、簡単に言えばアパートやマンションのオーナーさんが不動産の経営者という事になります。
不動産の経営者は自身が管理する物件を入居者に貸す事で家賃収入を得る事が目的となります。
しかし一方で建物の維持管理をはじめ、入居者探しから建物の修繕、入居者の生活の管理(ゴミの管理等)を行い建物を維持したり、住人同士のトラブルを解決したりとその役目は多岐にわたります。
中には手数料を払い不動産会社に入居者の募集のや管理を一任することも可能ですが、その分手元に入る家賃収入は少無くなる事も考えなければなりません。
最近ではマンション一棟という形ではなく、不動産投資会社等を通じて部屋一室や空地などに投資し、民泊や趣味のイベント会場、貸倉庫として、利用者に貸し出す事も不動産経営の一つとして挙げられます。
つまり建物の管理や修繕はオーナーが管理を行い、入居者は不動産会社から斡旋されその建物に住むことで家賃収入が生まれ不動産利用し経営していくのが不動産経営となり、その不動産を運営するために建物に投資することが不動産投資でもあるのです。
※最近は不動産のセミナーが東京などでは多く開催され、今からでも都市部での不動産投資が可能な物件が豊富にありますので、地方に住んでいても投資やセミナーで東京の不動産情報を聞いて都市部のマンション経営をすることも可能となってきています。

不動産投資を成功させる秘訣

笑顔の女性不動産投資を成功させる秘訣の一つに上がるのはよく利便性や地域性だと言われますが、これは当たり前の考えで既に大きな資本が投入され後発では参入が難しくなっています。
また利便性や地域が良くても建物が古かったり住人トラブルが多く住みづらい環境では、いくら便利でも目に留まらない物件になる為、不動産投資において「情報」は非常に重要です。
じつは不動産投資を成功させる上で、最も大切な物は「物件情報を提供してくれる不動産会社を選ぶ事」なのは不動産投資において最も重要とされているのです。
特に不動産会社は不動産投資セミナーを開いてでも良い地域の不動産の買主(投資家)を探し、入居者に貸す事で両方から利益を出す事ができる為、信頼できる不動産の買主であれば不動産会社は次々に優良な土地や建物の情報を伝えてきます。
漠然と利益を出したいからではなく、この地域のこの辺りに投資をしたい事を伝えれば、売主と買主を引き合わせて紹介料の利益を上げるのもまた不動産会社の業務の一つです。
また不動産会社は、入居してくる借主は不動産会社を通し物件を紹介される為、入居者の情報(トラブル、人の出入りが多い等)や近隣情報をいち早くキャッチしてくれるいわばアンテナの役目をしてくれるアドバイザー的存在でもあります。
そのため、不動産投資を成功させるには優良な情報を持つ不動産会社を選ぶ事が最優先とされているのです。

不動産投資のリスクも理解しよう

綺麗な女性更には不動産投資には投資につきもののリスクが存在する事も忘れる事ができません。
不動産投資を始める場合でも、建物は建てた年代に応じて耐震設計や損傷度合いが違うため、新しく貸し出す場合はまずは修繕などの先行投資が必要な場合がある点も注意が必要です。
※中にはとんでもない不動産を買主に売りつけて逃げ出す不動産会社も多く、また投資のセミナーは東京、大阪、名古屋等では非常に多く、不動産会社自体の信用度が非常に重要な点が多く投資をする際は入念な下調べが必要となります。
不動産投資をしてオーナーになり、初めての入居者が決まったとしても入居者自体が起こすトラブルもあり、近隣住民の人との折衝や同じ建て物の入居者との折衝が必要な建物もある為、投資前にはこうした人の感情的なリスクも背負わなければなりません。
また購入時より地価の下落があったり、予定していた入居者が集まらず空室が長期化することで目論見が外れたり、地震や火災といった災害等によるトラブルからの大規模修繕が必要な復旧作業も不動産オーナーが負担をしなければならない為、経済的な収入を期待したのにかえって持ち出しが多いリスクがある点も無視できません。
※その為不動産投資には、人的、経済的なリスクをどう回避するか対策を考える必要性や、不動産もセミナーも多い東京や大阪の様な都市部と地方では最初から投資のスタンスや利用者の性質も変化するためどの地域で始めるかも考慮しなくてはいけません。
特に不動産の場合すぐに売却してすぐに現金化できる資産ではないため不動産経営者をするオーナーである以上、入居者がゼロでも建物の維持しなくてはならず、次の買い手が見つかるまで維持コストがかかるリスクに備える事も必要となってきます。

不動産投資の流れについて

肘をつく女性まず不動産投資をする場合、最初に決める事はどんな投資スタイルで不動産投資をするかという事が重要となります。
投資目的は家賃収入なのか、民泊などの簡易宿泊での行楽収入目的なのか、それとも価値が出ればすぐ売却してしまう新築マンションタイプなのかで投資の目的や方法は全く変わってきてしまいます。
不動産投資には様々な目的やタイプがあるため、自分に応じた資産形成のタイプや目的に応じた最適な投資方法を十分すぎるほど検討する必要があります。
そこで不動産投資セミナー等に通いメリットとリスクを念入りに調べたうえで、リスクに対してはどう対策するかを判断し信用できる不動産会社を選びます。
不動産会社さんが決まったらいよいよ物件を紹介してもらい紹介された物件は投資が可能な範囲か、自分の目的に近い物件かを判断していきます。
その際には家賃収入となる賃料や購入する物件の価格が高すぎないか、設備等の修繕や近隣住人とのトラブルの他、購入前の管理が適正か、将来的に利便性が上がり地価や建物の価値が上がるか、現地での物件確認、自分の目的に最適な物件なのかを最終的に判断し購入後のリスク軽減の為の準備も重要です。
また投資物件購入を決め申込をする際にも重要事項説明をよく読み、瑕疵担保責任の所在や現在の状況など売買契約を結ぶ前の最終確認は念入りに行う必要があります。 
購入に際し銀行などから融資を受ける場合も金融機関で事業用住宅ローンの審査が必要となり審査が通過したら購入物件の決済と移転登記の手続きも必要となる為、各段階での流れを把握することは必須です。
購入後は晴れてオーナーとなりますが税務署への開業届をはじめ、初年度の不動産取得税支払や都市計画税・固定資産税、家賃入金のの管理手続きなどの処理が購入後も発生しますので、不動産管理会社等とも相談し管理責任を決める事も大切となってきます。

▲ ページトップへ